紙の展覧会|竹尾ペーパーショウ 2002「PLEASE

TAKEO PAPERSHOW 2002 「PLEASE」

一枚の紙から始めましょう。

「人を喜ばせる」「人を満足させる」という意味をあわせもつ「Magic Word」、プリーズ。
皆が喜べる、満足できる世界を、自分たちの手でつくるために、
一枚の紙をどのように使うか、その想像力が世界を変えてゆく。
アトリウムのスロープ壁面にプリンタによるシンボル・ウォールを設置しました。
また、新しい時代をになう国内外のクリエイター32名の参加による「PLEASE」展を行いました。
※企業名および会場名は当時のものを掲載しています。

会期

2002年4月18日 |木| —20日 |土|

会場

スパイラル ガーデン&ホール 〒107-0062 東京都港区南青山5-6-23

主催

株式会社 竹尾

企画・構成

仲條正義(アートディレクション)
後藤繁雄(キュレーション)
谷田一郎(デジタルデザイン)
坂 哲二(グラフィックデザイン)

「PLEASE あなたから、よい、たより」
(please,message)

企画・構成

仲條正義(アートディレクション)
谷田一郎(デジタルデザイン)

参加クリエイター

青木京太郎(リアルぺインター)、宇川直宏(メディアレイピスト)、
大竹伸朗(アーティスト)、川内倫子(フォトグラファー)、
川口清勝(アートディレクター)、北川一成(グラフィックデザイナー)、
五木田智央(イラストレーター)、小林良弘(アートディレクター)、
佐藤直樹(アートディレクター)、澁谷克彦(アートディレクター)、
ジョナサン・バーンブルック(グラフィックデザイナー)、
ジョン・ワーウィッカー(アートディレクター)、妹島和世(建築家)、
祖父江 慎(グラフィックデザイナー)、
タイクーングラフィックス(グラフィックデザイナー)、
タナカノリユキ(アーティスト、アートディレクター)、
束芋(アーティスト)、角田純一(アートディレクター)、
できやよい(アーティスト)、中島英樹(アートディレクター)、
中村哲也(アーティスト)、中山ダイスケ(アーティスト)、
生意気(グラフィックデザイナー)、蜷川実花(フォトグラファー)、
野田 凪(アートディレクター)、林 修三(グラフィックデザイナー)、
原田大三郎(CGデザイナー)、ホンマタカシ(写真家)、
マイク・ミルズ(グラフィックデザイナー)、松本弦人(グラフィックデザイナー)、
山田英二(グラフィックデザイナー)、若木信吾(フォトグラファー)

「PLEASE あなたから、よい、きもち」
(please,communication)

新しい時代を担う若手クリエーターによる、「PLEASE」展として、
12名が参加する製品の提案を展示し、1Fショウケースでの販売も行いました。

参加クリエイター

井上庸子(アートディレクター)、エレファントデザイン(プロダクトデザイン)、
code(クリエイティブ・ユニット)、スポークン・ワーズ・プロジェクト
(服飾デザイナー)、角 香織(ハンドバック&アクセサリーデザイナー)、
田中千絵(グラフィックデザイナー)、Double O(服飾デザイナー)、
服部滋樹(スペースデザイナー)、林 修三(グラフィックデザイナー)、
マウンテンマウンテン(グラフィックデザイナー)、水野 学(アートディレクター)、
三原康裕(シューズデザイナー)