プレスし、シリンダーを何度も通すことによって水分を蒸発させます。
紙のにじみ止め(サイズ剤)を塗布し、最後に、キャレンダーパートとして複数重ねた
ロールでプレスし紙の密度を上げるとともに平滑性を加え、光沢もつけることができます。
プレスの際に模様付きのフェルトを通すことでフェルトマークがつけられます。
水分が残っている状態でのプレスのため、柔らかい風合いのエンボスになります。
そのほか、この工程ではクレープ加工やエンボス加工を施すことができます。

この工程と関連の深い銘柄

クレープ加工
新だん紙
オンエンボス
タントシリーズベーテルレザックシリーズ
フェルトマーク
ニューこもんパミスマーメイドモデラトーンGAリ・シマメ
水光沢
マイカレイドMLファイバー

紙の基礎知識