お知らせ|竹尾見本帖 at Itoya

  • 竹尾見本帖 at Itoyaイベントスペース 「紙で包む HOW TO WRAP_の包みのカタチ」(9/21-11/21)

文房具の専門店 伊東屋と共同で立ち上げた紙の専門店「竹尾見本帖 at Itoya」。
銀座・伊東屋(G.Itoya)7Fフロア内のイベントスペースでは紙にまつわる展示企画を行っております。
ぜひ足をお運びください。


イベントスペース  「紙で包む HOW TO WRAP_の包みのカタチ

2017年9月21日-11月21日
月 ‐ 土 10:00 - 20:00
日・祝 10:00 - 19:00
※  11月21日は19:00まで

今回は、現代に適した“包み方”を考えるギフトのための新しいブランド
<<HOW TO WRAP_>>よるラッピングアイテムをご紹介いたします。

「花紋折り」は、折り紙作家の内山光弘(1878-1967)により考案され、
氏の晩年に日本を代表するプロダクトデザイナーである柳宗理が賞賛したことでも知られる折り紙です。
その技法の特徴は、数学的法則に則った折り方によって美しい幾何学模様が自然発生的に生まれるというもの。
今回、数十年もの長きにわたり埋もれていた「花紋折り」を、<<HOW TO WRAP_>>の山本考志氏が再解釈、
現代に甦らせました。多彩な模様を描く多角形の花紋折りをはじめ、
同じ技法を用い制作されたぽち袋、封筒 を展開いたします。

そのほか、コンテンポラリーな要素を取り入れ洗練されたデザインのラッピングペーパーや
ペーパーボックスなどもあわせてご紹介いたします。
伝統と現代の織り交ざった新しい包みのカタチをお楽しみください。

 

HOW TO WRAP_
2014年に山本考志により立ち上げられた現代に適した”包み方”を考えるギフトのためのラッピングブランド。
インテリアデザイナーの妻・裕美佳とともに包むことの価値を独自の観点で見つめ直し、
包装にまつわるデザインやウェブショップ運営、卸販売を行う。
インスタレーションや雑誌掲載を通し新しい包装のカタチを提案している。
http://howtowrap.net


会場・お問合せ先:
「竹尾見本帖 at Itoya」銀座・伊東屋(G.Itoya)7F
〒104-0061 東京都中央区銀座2-7-15 G.Itoya 7F map
TEL: 03-3561-8311(代表)

お知らせに戻る