お知らせ|関連イベント

  • 「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017」ブース出店(10/5―8)

10月5日からの4日間、「THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017」に
期間限定の「天王洲見本帖」として、ブース出店いたします。
毎年ご好評いただいております、竹尾ペーパーショウ2014書籍「SUBTLE」「竹尾デザイン封筒」をはじめ、
本イベント限定の紙製品を販売いたします。
ぜひお立ち寄りください。

THE TOKYO ART BOOK FAIR 2017
会期:2017年10月5日|木|15:00-21:00※(プレビュー・オープニングレセプション)
       10月6日|金|12:00-20:00
       10月7日|土|12:00-20:00
       10月8日|日|11:00-19:00
入場料:無料 (10月5日のプレビュー・オープニングレセプションは、入場料1,000円)
会場:天王洲アイル 寺田倉庫(東京都品川区東品川2-6-10) map
ブース場所:5F・SECTION : A ※SECTION A・Z、5日|木|は17時より開場
 
-------------以下、公式サイトより抜粋-------------
 
この秋、アートに特化した本の祭典「TOKYO ART BOOK FAIR」は9回目を迎えます。
今年は、天王洲アイルに会場を移し、国内外の出版社、書店、ギャラリー、アーティストなど約350組の出展者が会します。さらに同地区に位置するギャラリー、ショップと連動し、過去最大規模のスケールで開催いたします。
 
ひとつのエリアの出版文化を紐解く特別企画「Guest Country」では、アートブックシーンにおいて大きな地殻変動が起こっているアジア4カ国をフィーチャーし、昨年Steidl がアジアで設立した2つのアワード「Steidl Book Award Asia」と「Steild Book Award Japan」に関連する展示やイベント、横尾忠則が装丁を手がけた本や雑誌を一堂に集めた展示、資生堂の企業文化誌『花椿』の80周年を記念するトークショー、そのほかサイン会やレクチャーなどを行い、アートブックの魅力にさまざまな角度から迫ります。
 
また会期中には、児玉画廊|天王洲、山本現代、KOSAKU KANECHIKA、SCAI PARK、URANO、Yuka Tsuruno Galleryの6つのギャラリーが入居する「TERRADA ART COMPLEX」、写真に特化した新ギャラリー「IMA gallery」、ライフスタイルストア「SLOW HOUSE」、建築模型工房 「Architecture Model Workshop」など、天王洲の周辺施設「NEIGHBOURS」でも、さまざまな展示やイベントが開催されています。また、運河沿いでフードやドリンクの販売を行うほか、来場者の方々がくつろげるラウンジスペースも設ける予定です。
東京の新たなアート地区全体が、アート&カルチャーで盛り上がる4日間にぜひお越し下さい。
 
詳細はこちら(THE TOKYO ART BOOK FAIR ウェブサイト)
 

お知らせに戻る