お知らせ|関連イベント

  • 多摩美術大学アートテーク 「竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション12 構成的ポスターの展開:分化と尖鋭化 1950–1970」展

竹尾ポスターコレクションは、ニューヨークの
ラインホールド・ブラウン・ギャラリー・ポスターコレクションを、
竹尾が創業100周年記念事業の一環として1997年に購入したものです。
多摩美術大学に寄託し、竹尾と同学グラフィックデザイン学科による共同研究として、
1998年よりコレクションの研究に取り組んでいます。

このたび、共同研究の成果発表となる展覧会、
竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション12
「構成的ポスターの展開:分化と尖鋭化 1950–1970」展を
多摩美術大学アートテーク(同学八王子キャンパス内)にて開催いたします。
ぜひこの機会にご覧ください。
 


竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション12
「構成的ポスターの展開:分化と尖鋭化 1950–1970」展


会場: 多摩美術大学八王子キャンパス アートテーク 1Fギャラリー
会期: 2018年5月17日|木|-6月8日|金|
開館時間: 10:00-17:30
休館日: 日曜日
主催:多摩美術大学
共催:株式会社竹尾
企画:ポスター共同研究会
 

今回で12回目を数える竹尾ポスターコレクション・ベストセレクション展では、
1950–60年代のグラフィックデザインに焦点を当てます。
いわゆる「ポストモダン・デザイン」に先駆けるこの時代に、
グラフィックデザインが迎えていた分化・尖鋭化の潮流を、
〈機能主義〉〈応用美術〉〈商業美術〉という3つの局面に注目して探ります。
 
ウルム造形大学のビジュアルデザインを率いたオトル・アイヒャーや、
そのアシスタントとしてキャリアをスタートしたロルフ・ミューラーによる〈機能主義〉的なデザイン、
あるいは同大学を中心に発達した抽象芸術を継承し、〈応用美術〉的にビジュアルデザインを展開した
アルミール・マヴィグニやメアリー・ヴィエラのポスター、
アメリカやイタリアで活動し〈商業美術〉におけるモダンデザインのあり方を示した
アルミン・ホフマンやエリック・ニッチェ、ジョバンニ・ピントーリなど、
時代を彩ったデザイナーの仕事を一堂に展示します。

―ポスター共同研究会



 

お知らせに戻る