紙をめぐる話|紙の研究室 No.03

機能紙をご存知?
─耐油紙(たいゆし)

機能紙とは、日常のあちこちで要求される機能を紙にもたせるために、高い技術を駆使して生まれた紙のこと。今回取り上げるのは、油を通しにくい機能を付与した「耐油紙」。コンビニエンスストアやファストフード店でフライドポテトやハンバーガーを包んだり工業部品の包装等にも使用されます。食品に使用されることが多いため、より安全で、より快適に使えるように開発が進められています。今回はそんな耐油紙の最新事情をご紹介します。

初出:PAPER’S No.34 2010 冬号
※内容は初出時のまま掲載しています

写真は、エンボス加工を施したNF耐油紙を袋状にし、 オイルをいれて性能を検証したものです。繊細なエンボス加工で薄くなった部分でも、きちんと油を止めることを確認。 そのうえ、はっとするほど魅力的で、意外な紙の表情が現れました。
†今回の使用紙は、通常品に特殊エンボスをかけたイメージサンプルです。


耐油紙のしくみ
 
薬品を塗布・内添する
 
基材となる紙に耐油性と通気性をもつ薬剤を塗工もしくは内添(原料に混ぜて抄紙)することで、油分の浸透を防ぎます。従来は耐油性と通気性を備えたフッ素系樹脂が主流でしたが、最近では環境に考慮した非フッ素系薬剤の開発が進んでいます。 今回の使用紙
NF耐油紙(別注品)

フッ素系薬剤を全く使用しない、環境に配慮した耐油紙です。 油分をある程度吸収しながら止めるうえに、 通気性も備えているので、 揚げ物や焼き菓子の包装などに適しています。

水蒸気
薬剤
基剤
耐油性 ○ 通気性 ◎

その他|油を通しにくい性質の紙
 
紙の上に層を形成したもの
 
 
高密度に仕上げたもの
 
基材となる紙の上に、フィルムや箔などでラミネートし、新たな層をつくった紙です。優れた耐油性とともに、通気遮断性が得られるため、工業部品の包装などに適しています。 パルプ繊維間の隙間を減らし、油分の浸透を遅らせます。パルプを極度に叩解したうえで抄紙後に強いスーパーカレンダー処理をかけて繊維間の隙間を潰しています。一般の紙に比べて高い耐油性をもつほか、透明性にも優れています。


フィルム
基紙

水蒸気
高密度の紙
例:ワックスペーパー 耐油性 ○ 通気性 × 例:グラシン紙 耐油性三角 通気性 △

 

お電話でのお問い合わせ:

株式会社竹尾 東京本店 第三営業本部 第5営業部 機能材担当
tel. 03-3292-3613(9:00-17:30/定休日:土日祝)

ウェブサイトからのお問い合わせ:

お問い合わせフォーム