紙をめぐる話|紙の研究室 No.06

紙の密度をご存知?
─重さと厚みの関係

四六判110kgといえば、四六判サイズの紙1000枚の重さが110kgの紙のこと。けれど、同じ四六判110kgの紙でも実のところ、厚さはそれぞれ異なります。その秘密を握っているのは「紙の密度」。今回は四六判110kgベースの紙を集めて、厚さと密度を比較してみました。密度の高低により、紙厚や断面の様子に大きな違いが生じます。

初出:PAPER’S No.37 2011 春号
※内容は初出時のまま掲載しています

紙の密度とは?
密度は、紙の質量を表す数値です。一般的に密度の数値が高いほど薄い紙に、低いほど厚い紙になります。

同じ厚さの紙

紙厚:薄
繊維
空隙

紙厚:厚
繊維
空隙

紙には空隙(くうげき)と呼ばれる繊維間の隙間があります。主にこの空隙の量によって、紙の密度が変わります。たとえ繊維の量が同じでも、一般的に空隙が少ないほど密度の高い締まった紙になり、空隙が多いと空気を含んでふかふかとした密度の低い紙になります。また、A2コート紙とクラシコトレーシング-FSのように密度が同じ紙でも、つくり方に応じて断面図の様子が違います。

顕微鏡断面写真  密度の相対値は、A2コート紙を基準値としています


  • A2コート紙
    印刷用紙として一般に広く使われるコート紙。印刷適性をあげるために加えた薬品の重さにより、密度が高くなって います。

  • クラシコトレーシング-FS
    *四六判116kg
    ぎゅっと締まった高密度な紙です。トレーシングペーパーは繊維が短く、空隙を少なくつくられています。

  • アラベール スノーホワイト
    ふんわりと優しい触り心地を備えた紙。細かい空隙が全体に分散しているのがわかります。

  • ヴァンヌーボF-FS ホワイト
    手触り感のある風合いと、高度な印刷適性を兼ね備えたラフ・グロス紙です。

  • マーメイド しろ鼠
    人魚のさざなみのような、柔らかな肌合いを持つファインペーパーです。

  • わたがみ 雪
    風格のある、重厚な嵩高紙。和紙の繊維を配合し、独特の質感を出しています。

  • ハーフエア コットン
    その名のとおり半分「エア」を含んだ、ふっくらとした感触が特徴です。

  • 羊毛紙
    羊毛を配合した、ざっくりした手触りの紙。断面に見える太い繊維が特徴的です。