紙をめぐる話|紙の研究室 No.22

雨ニモマケナイ紙
──レーザーピーチの耐水、耐候、耐熱性

レーザーピーチ」は、レーザープリンターに対応したPETフィルムベースの合成紙。耐水性、耐候性、耐熱性に優れており、写真のプラントマーカーのようにラミネート加工なしでも水の中や屋外で気軽に使用できる紙です。どのような機能をもつ紙なのか、ここで少しだけご紹介します。

初出:PAPER'S No.54 2017 春号

▶水ニモマケズ

PETフィルムベースに耐水性の高いコーティングをしているため、水に濡れても安心です。 写真のように花瓶に挿したり、屋外ポスターや屋外POPにしたりと、場所や天候等を選ばない多様な使い道を考えることができます。

▶劣化ニモマケズ

ベース素材がPETフィルムなので、断面から水が浸透することがほとんどありません。そのためラミネート加工品では難しい、円形や自由曲線、小さくて複雑な形など、風雨や湿度環境による劣化を気にせず自分の好きな形に自由に加工ができ、表現の可能性が広がります。

▶熱ニモマケズ

熱に強くカラーレーザープリンターとの相性が良好です。表面塗工層に施した特殊な樹脂コーティングによりトナーの定着度を向上。高画質の印字を実現しながら、定着後の耐摩擦性にも優れています。光の写り込みが少なく、斜め方向からでもはっきり視認可能。また油性マジックなどの筆記適性も備えています。

 

【耐水性試験結果】
 

各用紙の白紙を水に10日間浸漬させたときの重量変化を測定しました。
他社品は紙層が水を吸うため重量が増加しています。 一方、レーザーピーチはフィルムのため、ほとんど水を吸収せず、重量の変化も見られません。