紙をめぐる話|紙の生まれる風景 No.12

竹尾湾岸物流センター

SFの世界に迷い込んでしまったような空間、
あるいは最先端の人工頭脳を搭載した
ハイテク・ロボットの体内のような場所というべきか。
高々と屹立しているのは、
紙を格納するための高層自動ラック。
そこではおよそ9,000商品ものファインペーパーが、
やがてくる受注のときを静かに待っていた。
紙を運び出すのは、棚間を上下移動する
ラックマスターと、STVと呼ばれる有軌道台車である。
およそ2万棚の格納ラックから
指定の紙を即座に見つけ出し、正確に仕分け、
素早くピッキングステーションへ。
そこから紙は注文主の手元に配送されていく。
一日に取り扱われる紙の総量は、
150トンを上回るという。
そのすべてがコンピューターによって精密に管理され、
物量も、スピードも、精度も、
常に高いレベルに保たれる。
「ファインペーパーの一大拠点にする」
創立時に掲げたこの宣言のもと、
物流センターは日々仕事を続けている。

初出:PAPER’S No.45 2013 冬号
※内容は初出時のまま掲載しています