紙の展覧会|見本帖本店展示|カヴァーノチカラ5「感じる装丁」

特別展 Book Scape[本の風景]31 カヴァーノチカラ5

「感じる装丁」

2011年11月25日|金|—12月26日|月|
10:00—19:00 土日祝/休
※初日と最終日は17:00まで、12月13日|火|は15:00まで、12月20日|火|は終日クローズ

子どもの頃、出会い、楽しんだ本。
その物語からはもちろん、紙の手ざわり、表紙にあった絵、タイトルの文字の形、そのほか本を形づくっている
さまざまな要素からも、私たちは多くのことを感じとったのではないでしょうか。
カヴァーノチカラ5では、日本図書設計家協会の装丁・装画家68人が「感じる装丁」をテーマに、
ファインペーパーと特殊印刷を用いて、『星の王子さま』、『クリスマス・キャロル』、『竹取物語』の
児童文学3作品でオリジナルブックカヴァーを制作いたします。

展示の様子

主催

日本図書設計家協会

協賛

株式会社竹尾

協力

関西美術印刷株式会社
理想科学工業株式会社
※50音順

関連イベント

スペシャルトーク(予約制) 終了いたしました
「感じる装丁」
津田淳子(『デザインのひきだし』編集長)
       ×
上野かおる(出品装丁家)
       ×
清原一隆(出品装丁家)

司会:城谷斉彦(出品装丁家)
日時: 2011年12月13日(火) 18:30-20:00