紙の展覧会|見本帖本店展示|「本の贈りもの」展

「本の贈りもの」展

2012年12月12日|水|—2013年1月18日|金|
10:00-19:00 土日祝/休
※12月28日|金|、1月7日|月|は18:00まで
※12月29日—1月6日は年末年始休業

贈りものに最適な本と、その包み方をご紹介する展示会。
年を送り、新しい年を迎えるこの時節。
清々しい白い紙で包んだ本に、赤い文様切り紙の「のし」を添え、
お歳暮、クリスマス、お年賀に、身近な方へ贈ることをご提案します。

ご紹介している本はすべて会場でご購入いただくことができます。
またご希望の方には、有料にて展示作品と同じ特別な包みでお渡しいたします。
会期中に、包み方と文様切り紙のワークショップ(要申込み)も開催。

アートディレクション

山口信博

主催

株式会社竹尾

協力

株式会社エクスプランテ、折形デザイン研究所、株式会社平凡社、有限会社美篶堂

ワークショップ

「本包みと、文様切り紙の作りかた」
講師が、折りや包み、水引き、文様切り紙の作り方をレクチャーします。

[講師]
折形デザイン研究所
伝統的な「折形」をモダンデザインの観点から捉えなおし、現代の暮らしへ取り入れることを目指し、4人のグラフィックデザイナーにより2002年に発足。
展覧会、ワークショップ、教室の開催、本の出版、手漉き和紙の職人とのコラボレーションによる、オリジナル商品の開発など、さまざまな活動を通して、折形 の美と精神を伝えている。
http://origata.com/

下中菜穂
造形作家。もんきり研究家。東京造形大学講師。江戸時代の『紋きり遊び』を通して「かたち」に込められた祖先の暮しぶりや精神を紹介。
「文様を暮らしの中で楽しむ」文化や手仕事を現代に蘇らせるべく、出版やワークショップ、展覧会などを展開。今も暮らしに生きている切り紙を訪ねて中国の農村、奥三河、南三陸などへ。著書に『紋切り型』(エクスプランテ)、『こども文様ずかん』(平凡社)、『切り紙もんきり遊び かたちを贈る』(宝島社)など。

[会場]株式会社竹尾 見本帖本店2F
[料金]3,000円(税込)
[持ち物]はさみ、カッター
[定員]各回8名
[日時]
1. 2012年12月13日|木| 15:30-16:30
2. 2012年12月13日|木| 17:30-18:30

※参加のお申込受付は終了いたしました。
 沢山のご応募をいただき、誠にありがとうございました。