お知らせ|会社情報

  • 「ヒロシマ・アピールズ」2020年版ポスター

「ヒロシマ・アピールズ」は、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会[JAGDA]広島地区と、
公益財団法人ヒロシマ平和創造基金、一般財団法人広島国際文化財団が主催する活動です。
「ヒロシマの心」を言葉を超えて訴えるポスターをボランティアで共同制作、国内外に平和を呼び掛けています。
 
1983年に故・亀倉雄策氏の「燃え落ちる蝶」が発表、その後8年間、毎年1点ずつ新しいポスターが制作されました。
ポスターは「平和ポスター展」として全国各地で巡回展示、85年にスイス・ジュネーブで開かれた原爆資料展、
97年の欧州ヒロシマ展で紹介されるなど、海外でも反響を呼びました。
戦後60周年を迎えた2005年を機に制作を再開され、株式会社竹尾はポスター用紙を提供しています。
 
2020年、通算第23作目の作家は渡邉良重氏です。
タイトル:『いのち』
使用紙:  セルモア ホワイト 四六判Y目180kg
印刷加工: UVオフセット3色印刷(スミ、シルバー、赤)+四方小口染め
作家コメントなど詳細は、日本グラフィックデザイナー協会[JAGDA]広島地区ウェブサイト(外部サイト)をぜひご覧ください。
 
 
>>「ヒロシマ・アピールズ」について(外部サイト 日本グラフィックデザイナー協会[JAGDA]広島地区)

 

お知らせに戻る

当社では、当ウェブサイト(www.takeo.co.jp)を快適にご利用いただくため、また、当サイトがどのように活用されているかを当社で詳しく把握するためにCookieを使用しています。「同意する」ボタンを押していただくか、引き続き当サイトをご利用いただいた場合、上記の条件に同意いただいたものと見なします。Cookieの取り扱いについては、「個人情報の取り扱い」にも記載されていますのでご参照ください。