お知らせ|関連イベント

  • 「原弘と東京国立近代美術館
    ―デザインワークを通して見えてくるもの」展

 

会期 :
2012年2月3日|金|―5月6日|日|
10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00)
*入館は閉館30分前まで
会場 :
東京国立近代美術館 本館 ギャラリー4(2F)

国立近代美術館開館時より23年間にわたって原弘氏がデザインした同館の展覧会ポスターを中心に、
戦前期の代表作であるパリ万国博覧会の写真壁画や、対外宣伝誌『FRONT』、
戦後のブックデザインなどを展示し、そこに流れる原弘デザインの理念を探る展示会です。
原弘氏はファインペーパーの開発にも深く関わり、「アングルカラー」、「マーメイド」など、
今に残る銘柄を多数生み出した、弊社に大変縁の深いグラフィックデザイナーです。
本展覧会図録にも、「パミス」、「波光」が使用されています。ぜひそちらもご注目ください。


主催   東京国立近代美術館
協力   株式会社竹尾、特種東海製紙株式会社
観覧料   一般420円、大学生130円
(高校生以下、18歳未満、65歳以上、
キャンパスメンバーズ、
MOMATパスポートをお持ちの方、
障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料)
無料観覧日   2/5、3/4、4/1、5/6 ※第一日曜日
休館日   月曜日(ただし、3/19、3/26、4/2、4/30は開館)
関連リンク   http://www.momat.go.jp/Honkan/hara_hiromu/

 

お知らせに戻る