紙をめぐる話|紙の生まれる風景 No.27

特種東海製紙 岐阜工場
損紙ラック倉庫

紙に込めてきた精神が、丁寧に束ねられていた。
貴重な反物のようにひとつずつ紐で結われ、
保管されていたのは、紙の製造工程で発生した損紙。
岐阜工場ではこれらを、
いわゆる無彩色の再生紙ではなく、
色鮮やかなファインペーパーの
原材料として活かしている。
すべての損紙は染料の微細なパーセントまで記録され、
黄と青を掛け合わせて緑にするといった塩梅での
染料と染料の配合から生じる色味の精密な計算によって、
目的のファインペーパーの色に調合されていく。
できあがった紙の色は、基準の紙とぴたりと一致する。
その再現力の高さに驚くが、本質はその奥にある。
どんな紙でも無駄なく守り繋げようとする姿勢こそ、
紙づくりの歴史が続く土地の工場ならではの特色。
伝統は色褪せず、技術に宿り、新たな風景を彩っていた。

初出:PAPER'S No.62 2021 冬号

当社では、当ウェブサイト(www.takeo.co.jp)を快適にご利用いただくため、また、当サイトがどのように活用されているかを当社で詳しく把握するためにCookieを使用しています。「同意する」ボタンを押していただくか、引き続き当サイトをご利用いただいた場合、上記の条件に同意いただいたものと見なします。Cookieの取り扱いについては、「個人情報の取り扱い」にも記載されていますのでご参照ください。