紙をめぐる話|紙の研究室 No.25

波、波、波
─段ボールの強さのひみつ

保護する、運ぶという仕事を日々、淡々とこなす段ボール。takeo paper show 2018の「ハレの段ボール、その成型」ではそんな本来の無骨で寡黙な姿から、彩りと自由度をまとった非日常の存在として鮮やかに生まれ変わりました。今回は、日常使いとしての段ボールにふたたび目を向け、意外と知られていない「強度」の秘密をひも解きます。
取材協力:王子産業資材マネジメント株式会社

初出:PAPER'S No.58 2018 秋号

波を連ねるという知恵

一般に段ボールは、中芯と呼ばれる波状の紙(フルート)を表裏の紙(ライナー)で挟んだ三層構造でできています。段ボールはフルートの高さによって種類が分けられており、必要な用途や強度に応じて選択されます。フルートによる隙間は一見頼りなく感じますが、実はこの波と波の連なりこそ、トラス構造という段ボールの強さの秘訣。受けた力を波の頂点を通して左右に分散させるので、強度と安定性を保つことができるのです。シンプルながら画期的なこの構造は、驚くことに、段ボールの誕生以来100年以上に渡って変わっていません。さらに、フルートを重ねたり、紙を変えることによって強度を緻密にコントロールすることも自由自在です。

 

段ボール原紙

のりロール

裏ライナー

熱板

中芯原紙

裏ライナー

波波にする

まず段のあるロールで
中芯を波形にして片面に
糊をつけ、裏ライナーと
貼り合わせる。

三層にする

もう片面にも糊をつけ、表ライナーと
貼り合わせると基本の構造が完成。

断裁する

罫線を入れて断裁すると、
箱に組み立てるための
段ボールシートができあがる。

  • 紙の種類や厚みを
    変えることで、
    段ボールの強度を調節できる。
  • 基本は3本のロールだが、
    ABフルートの場合には
    5本のロールで製造される。
  • 「ハレの段ボール、その成型」も製造工程は
    通常と変わらないが、素材にファインペーパーを
    使うことで色彩豊かな段ボールを生み出した。
  • 新しい段ボールの主原料は、使用済みの段ボール。
    かつて50%ほどだったリサイクル率は
    現在ではおよそ90%に。

  • Aフルート(5mm)

  • Bフルート(3mm)

  • ABフルート(5+3mm)

  • Eフルート(1.5mm)