紙をめぐる話|紙の研究室 No.14

オンデマンド印刷の先端
UVインクジェットプリント

これまで白を表現するには、白抜き、オペークインキ、
シルクスクリーン印刷、箔押しなど
特別な工夫が必要でした。
しかしオンデマンド印刷の最先端に位置する
「UVインクジェットプリント」では、
ホワイトインクを使った印刷が
可能なことをご存知でしょうか。
UV(強い紫外線)でインクを瞬時に硬化させるので、
ホワイトインクを厚く盛ることもできます。その他にも、
出力素材の幅広さや繊細なグラフィック表現など、
UVならではのメリットがたくさんあるようです。
その可能性はどれほどのものなのか。
UVインクジェットプリントで実験をしてみました。

初出:PAPER’S No.45 2013 冬号
※内容は初出時のまま掲載しています

繊細な抜き表現
インクが紙に滲むことが
少ないので、極細の
抜き表現が実現できる。

鮮やかな発色
UVの速乾性によりインクが
紙に染み込まず、インク本来の
鮮やかな色が表現される。

素材を選ばない
特殊紙からガラスやタイルなどの立体
物まで、幅広い素材に対応。0.02mmの不織布やオセロの駒に印字した例も。

白インク厚盛り600%
様々な厚さの立体表現が可能。
インクがよく伸び、
曲げにも強い。

情報の可変性
版をつくる必要がなく、
一枚ごとに絵柄や文字の
刷り分けができる。


[鏡面・光沢紙]オフメタルN

[厚紙]GAファイル

[薄紙]tカラペ

[HAPTIC]NTスフール

[フェルトマーク]サーブル

[透明紙]クラシコトレーシング-FS
UVインクジェットに関するお問い合わせ先
ウェブサイトからのお問い合わせ:
お問い合わせフォーム